銀行のキャッシングを利用する

キャッシングをはじめるにはすぐにお金が必要なのかや金利が安いところを探したいなど、自分の目的にあったキャッシング会社をえらぶことから始まります。
銀行でキャッシングをするメリットは、消費者金融を利用するとき年収がなければ利用できませんし融資限度額は年収の3分の1以内と制限されているので、年収のない専業主婦は利用できませんが銀行を利用したキャッシングは年収に左右されないため、無収入の専業主婦でも利用でき、専業主婦専用の商品を扱っている銀行もあります。
消費者金融はパートやアルバイトで収入を得ている人でも利用可能となっていますが年収の3分の1以内という壁をこえることがないので審査も厳しいといわれていますが、銀行は口コミなどを見ると融資限度額は決まっていないけれど条件さえ整えば目安として年収の2分の1まで借りることができるようです。
銀行でキャッシングするときの大きなメリットは金利が安いことで、消費者金融は4.7%〜18%といったところがほとんどですが、銀行カードローンの金利は銀行それぞれで大きな違いがありますが下限金利の低いところで2.5%、上限金利は9.8%になっているので、長期に渡って利用するときは総返済額に大きな開きができます。
銀行キャッシングのデメリットとして低金利であるため貸し倒れを防ぐために審査にきびしいことから時間がかかるといったところがデメリットといえます。
金利や安心感を考えると銀行キャッシング、今日明日にでもお金が必要なときは消費者金融のキャッシングを選ぶことになります。